収入が少ないアルバイト・パートの人でも借入は可能か?

MENU

融資を受ける以上、その金額にもよりますが貸金業者が臨む程度の返済能力を示すことができるよう、継続的かつ安定した収入を得ている必要があります。三井住友銀行カードローンではこの「継続かつ安定した収入」として正社員雇用に限られること無く、非正規雇用、あるいはアルバイトやパートタイム労働へも幅広く認めています。

 

しかし、当然のことながら然るべき審査を受ける必要があり、審査の結果に基づいて上限が800万円の中で返済能力に見合った額を融資してくれるようになります。また、正社員雇用でないからといって審査時に不利な扱いを受けることはありませんので、その点もご安心ください。

 

そこで、アルバイトやパートの方で、借入を検討している方に対して三井住友銀行カードローンが提供できるメリットを以下の4つに従ってご紹介していきたいと思います。

 

1:業界水準と比べて低金利・高限度額での借り入れが可能

 

年率4.0%・最高金利14.5%の金利で借り入れることができ、限度額800万円という他の会社と比較しても好条件で借入を行うことが出来ます。借入額が高額になるほど、金利も低めに設定されています。アコムを始めとする大手消費者金融で借りる場合、金利が18.0%程度に設定される場合がほとんどですが、三井住友銀行カードローンでは低金利での借り入れが可能であるが故に、多額の収入がないアルバイトやパートの方も比較的利用しやすい融資手段ということができるでしょう。

 

2:総量規制が適用されない

 

前の部分でも述べた通り、貸金業法には総量規制という制限が存在します。これは、年収の3分の1を超える借入を制限する法律であり、多重債務者を救済する側面がある一方で、新規で借入を行うことを希望する方にとってはしばしば障壁となってきた規制です。消費者金融はこの規制の対象となってしまう一方で、三井住友銀行カードローンには規制が適用されません。正社員の方より年収の少ないことの多いアルバイトやパートの方にとっても、自らの年収に拘束されることなく借入を行うことは、一定額のまとまった資金を調達する上で非常に有効な手段となっています。

 

3:ATM利用手数料が無料

 

借入や返済に際して提携ATMを使用する場合、多くは取引手数料が108?216円程度かかります。しかし、三井住友銀行カードローンの場合、自社ATMにとどまらず提携ATMも時間外手数料含め無料になるというお得なサービスを受けることが出来ます。返済期間で何回もATMで取引をすると手数料だけで数千円かかることも往々にしてあるので、その節約という意味では非常に優れたサービスということが出来ます。

 

4:即日融資が可能

 

アルバイトやパートの方にとっては、すぐにまとまった金額を用意する必要に迫られた際でも貯金残高が不足しているが故に対応が厳しいというケースが考えられます。そんな時、三井住友銀行カードローンでは三井住友銀行の口座を持っているか否かに関わらず、即日融資が可能になります。最短で1時間の審査を経るだけなのでお忙しい方にもぴったりです。お近くに三井住友銀行の支店もしくはローン契約機があれば、9?21時の営業時間内にいつでもローンカードの発行が可能になる体制が整っています。