三井住友銀行カードローンの新規契約に必要な書類をもれなくご紹介

MENU

三井住友銀行カードローンを新たに契約し、融資を受ける上ではまさに「審査」が最も重要となります。というのも、上限額800万円までの間でいくら融資が受けられるのか、ということがこの審査の段階で決定されるからです。

 

そこで、審査を受けるに当たっては収入証明書など、各種書類を提出する必要があります。基本的に、カードローン会社である以上、書類が不要となるケースはまず無いと考えるべきでしょう。

 

カードローンの審査にて必要となる書類には大きく分けて2つ存在します。

 

1つ目は本人確認書類です。これはいかなるカードローン会社においても必要とされています。というのも、申告された内容の事実確認や、なりすましでの申し込みを防ぐことを目的としているからです。ここでいう本人確認書類とは、原則は顔写真付きのものである必要があります。

 

ところが三井住友銀行カードローンの場合、運転免許証や個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カードの提示が求められる傍ら、インターネットバンキングからの申し込みの場合は特に必要とする書類はない旨が定められています。

 

2つ目は所得証明書類です。貸金業者にとって融資額が高額であればあるほど、貸し倒れのリスクを回避するためにこの書類は必要不可欠となります。つまり、返済能力や個人情報信用能力に問題はないかチェックするために、収入証明書類が必要となるのです。具体例としては一般的に給与明細書や源泉徴収票等が挙げられています。

 

三井住友銀行カードローンの場合、借入限度額が300万円円を超過する場合に限り、収入証明書が必要となります。基本的には直近2ヶ月分の給与明細書を準備すれば問題ありませんが、地方税や住民税の記載がある場合には、直近1ヶ月の給与明細書で問題ない場合もあります。もし、何らかの地黄で給与明細書を準備することが難しい倍位は、確定申告書、源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書などのどれか一部を、最新発行分のコピーの状態で1部準備しておくと問題ありません。

 

ここで注意しておきたいのが、場合によっては勤務先の社印または社判が必要になるケースがあるということです。給与明細書などに発行年月や氏名、勤務先名称や給与含む総支給額が明確に記載されていない場合はこれに該当します。早い内にチェックしておきましょう。

 

上記2つに分けて記載した必要書類ですが、これらはカードローンへの申し込み段階で既に準備しておくことが大切です。遅くとも契約の段階では必ずお手元に準備しておきましょう。

 

また、Webによる契約の際に必要書類を提出する方法としては、スマホや携帯電話での撮影データを送信したりするなどの方法が代表的ですが、三井住友銀行カードローンの契約の際は事前に確認しておくことをおすすめします。

 

いずれにせよ、運転免許証を日ごろ持っていない方が三井住友カードローンを契約する際は、早めに所定の場所に身分証明書を取りに行くべきだということが出来ます。