初めての方へ・カードローンの申し込み方法を分かりやすくご紹介

MENU

三井住友銀行カードローンの申込方法には店頭での直接対応以外にもホームページからのWeb手続きを始め、三井住友銀行店舗内に設置されているローン契約機、電話、郵送といった複数のものが用意されています。銀行カードローンの申し込みで自動契約機が使用可能というのは他社のカードローンや消費者金融でもあまり見られないため、それなりに珍しいのかもしれません。

 

申込方法の流れはざっくりとは以下のようなが流れになります。

 

「申し込み(複数手段あり)→審査→審査回答(メールもしくは電話)→契約・カードの受取(郵送もしくはローン契約機)→利用開始」

 

申し込みを終えた後、審査段階に入り所定の書類(本人確認書類・収入証明書)を提出します。年収や勤続年数はもちろん、過去に他のキャッシングを利用していた際はその返済履歴まで踏まえた上で審査を行います。この審査に必要な時間は最短で30分と、他社と比較しても非常にスムーズな審査が可能となっています。また、審査回答時間及びローン契約機の営業時間は両方とも9:00から21:00までになっています。土日祝日も対応可能ですが、即日融資を希望する場合は余裕を持って行動することをおすすめします。

 

ここで注意していただきたいのが、カードローン審査の際に虚偽の事実(収入や勤続年数など)を金融機関に報告してはいけないということです。少しでも極度額を上昇させ、借入金額を多くするために、意外にも多くの人が虚偽の事実(アリバイ会社など)を報告する傾向にあるようです。しかし、そういった年収や勤続年数に関する情報は信用情報機関に蓄積されていることがほとんどです。また、特に総量規制のある金融機関の場合は尚更ですが、少しでも虚偽の事実を抱えたまま貸金業を継続すると、嘘がばれたときに営業停止になることもあり、金融機関は非常に厳重なチェック体制を敷いています。見かけだけの虚偽申告は必ず見破られると言って差し支えないでしょう。

 

在籍確認が行われ、審査が完了すると審査結果がメールもしくは電話にて金融機関の方から伝えて頂けます。また、在籍確認に関してですが、自分の所属する会社にローンを組んでいるということがバレるのではないか、というリスクはほとんどないと考えて良いでしょう。学費ローンや住宅ローン、新規クレジットカード契約確認連絡など、単に在籍確認と言っても内容は幾通りにも推測できるものです。

 

契約が完了したら最寄りの三井住友銀行本支店に伺い、ローン契約機を操作するだけでカードを受け取ることが出来ます。

 

また、三井住友銀行カードローンへ申し込む場合、同時に他のカードローンへ申し込まないようにしておきましょう。というのも、審査において短期間で複数のカードローンへ申し込んでいるという事実は不利に働く可能性があります。金融機関から見る

 

と、複数のカードローンへ申し込んでいるということは、まさに今お金に相当困っていることを意味すると受け取られかねないからです。