:利息の支払いを避けたい方へ・無利息キャッシングのすすめ

MENU

巷の消費者金融やカードローン会社では、融資を受けても一定期間内の返済なら利息は発生せず元本をそのまま返済すれば大丈夫、というサービスがあります。背景には大手の消費者金融が融資やキャッシングに対して抵抗感のある一般潜在顧客に対し、融資へのハードルを少しでも下げるために取り始めた施策だと言われています。実際、多くの人々が冠婚葬祭や個人事業の開始などで少額の資金の融資を受ける手段として利用していると言われています。利息で稼ぐ消費者金融やカードローン会社にとっては、短期的利益には直結しな施策である一方、自社に対するロイヤリティの向上

 

を図ることが出来るため、無利息キャッシングを提供することには大きなメリットがあるそうです。

 

無利息キャッシングのメリットとしては、指定された期間内であれば利息を一切支払うこと無く、元本のみに返済で事足りるということです。しかし、指定期間に関してはサービスによって異なるので、初めて利用する際はよく確認しておくことが大切です。

 

現在、無利息キャッシングを行っている消費者金融の例は以下の通りです。

 

・アコム:

 

契約日の翌日から30日間は無利息キャッシングが可能。

 

アコムでの契約が初めてで、なおかつ返済期日が「35日ごと」で契約していることが条件となる。

 

・プロミス:

 

初回入金の翌日から30日間は無利息キャッシングが可能。

 

プロミスを初めて利用する方の中で、メールアドレスを登録の上、Web明細を利用するお客様が対象となる。

 

・新生銀行カードローン(レイク):

 

「初回契約翌日から180日間」または「初回契約翌日から30日間」にて無利息キャッシングが利用可能。なお、この両者は併用することは出来ない。

 

前者はレイクの利用が初めてかつ契約額が1?200万円の方が対象となり、後者は単にレイクの利用が初めての場合のみ利用が可能になる。

 

・ジャパンネット銀行ネットキャッシング:

 

初回借入日の翌日から30日間、無利息キャッシングが利用可能。

 

ただし、メールアドレスの登録及びWeb明細の利用登録が必要となる。

 

このような各社のサービスを上手く利用することで、複数社の無利息キャッシングを活用して数ヶ月間に渡り無利息で融資を受けることも可能になるかもしれません。ただしその場合、一括返済が必ず前提になることには注意が必要です。

 

一方で、無利息キャッシングには以下のようなデメリットも存在します。

 

・返済日までの決済が可能でないと、無利息期間を過ぎた分の利息及び遅延損害金を支払うことになる。

 

・融資を受けることに対するハードルが下がりすぎるあまり、多重債務に陥る危険性が増しやすい

 

・長期間を見通した返済計画を立てている人には不向き

 

無利息期間内に返済できなかった場合、利用停止や遅延損害金の発生にとどまらず、信用情報に記録が残るため、他社からの新たな借り入れが難しくなるケースがあります。

 

もし、長期での返済計画を立てる場合は、無利息キャッシングを設けていない三井住友銀行カードローンを用いることを検討してみるといいと思います。業界平均から鑑みても利息水準は低く抑えられており、長期での返済でも無理のない計画を立てることが可能になります。