三井住友銀行カードローン審査

MENU

融資を受ける場合、その対象者に安定した収入があるか否かという点は審査の際に非常に重要視されます。返済能力が十分認められない人に貸付を行うことによる貸し倒れリスクは消費者金融を始めとする貸金業者にとっては言うまでもなく絶対に避けるべきものです。このように考えていくと、安定した収入を持たない専業主婦に関しては借り入れする手段が一切ないように考えられますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

現在では、貸金業法により配偶者貸付制度が設けられています。これは、配偶者に収入がある場合、配偶者の同意さえあれば配偶者が連帯保証人になること無く、個人としての貸付を収入のない個人に対して行うことが出来るという旨を制定した法律です。つまり、専業主婦であっても、配偶者に収入さえあればカードローンの契約は保証人無しで個人の契約として締結することが出来るということが定められています。

 

しかし、現実では法的に許容されている一方で、消費者金融は専業主婦に対する融資を基本的には行っておりません。というのも、貸し倒れリスクも想定していることもありますが、専業主婦に対する融資の場合はどうしても少額の融資になることが多く、利息などに寄る収益を顧客の管理コストが上回ってしまいがちになるからだそうです。専業主婦の方は基本的にはお金を借りる方法として消費者金融を使うことはできないと考えておくべきでしょう。

 

一方で、専業主婦に対する融資を取り扱ったカードローン会社は複数存在しています。三井住友銀行カードローンもその中の一つです。実際に借り入れを行う際は以下の2つの前提を抑えておきましょう。

 

・配偶者に収入がない場合、専業主婦は借入を行うことは出来ない

 

専業主婦は貸金業の世界では無職と同様に扱われるため、配偶者も無職の場合は返済能力が認められないとして借入が認められていません。一方で、配偶者に収入がある場合、それは専業主婦との共通の財産としてみなされます。ゆえに、限度額として30?50万円くらいは相場でもキャッシングの契約を締結することが可能です。

 

・保証人として、配偶者を立てる必要はない

 

借入の際の契約はあくまで専業主婦本人と行うため、契約時には配偶者の勤務先の住所などを入力する必要はありますが、配偶者自身もしくはその会社に対して在籍確認のれんらくがいくことはありません。つまり、配偶者にバレずして借り入れを行うことが出来ます。審査結果によっては配偶者の給与明細や会社発行の保険証の提出が必要となる場合もあるため、念のために借入の際はチェックしておきましょう。

 

上記の前提を踏まえた上で、三井住友銀行カードローンでは専業主婦による借り入れが可能になっています。上限額は明確に制限はないものの、およそ30万円辺りが妥当だと考えて良いでしょう。また、ローン専用のカードが発行可能である傍ら、現在三井住友銀行の口座を開設していてキャッシュカードを持っているという方は、それに付帯してローン機能をつけることが出来るのでおすすめです。

 

他にもみずほ銀行カードローンなど、専業主婦による借入に対応したカードローンは複数存在するので気になった方はチェックしてみてもいいのではないでしょうか。