違法な貸付を避けるための法規制「総量規制」の効果と影響

MENU

カードローンを巡る法規制に関して重要な動きが2010年にありました。というのも、改正貸金業法が施行され、新たに総量規制という言葉が誕生しました。皆さんの中にも言葉くらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

総量規制とは債務者への過剰貸付を防ぐために定められた規制のことをさします。一時期、債権者の返済能力を大幅に超える貸付を行う貸金業者(消費者金融など)が多数存在するようになり、違法な債権回収手段が多発したり破産する人が圧倒的に増加したりと社会問題となった時期がありました。本規制はそういった一連の背景を元に制定された規制であり、債務者が年収の3分の1を超える借入ができない旨が定められています。例えば、年収600万円の人は総量規制により、200万円以上の借入ができ

 

ないようになっています。この規制及び当時進んでいた過払い金返還請求により、高金利で過度な貸付を行う貸金業者の多くは倒産に追い込まれることとなりました。

 

また、新たに50万円以上の借り入れ申し込みを希望する場合や、合計の借入が100万円を超える場合に関しては、申し込みの際に所得証明書の提出が義務化されています。ここでの「所得」とは、きゅうよはや役員報酬はもちろんのこと、年金や恩給、不動産賃貸収入や事業所得も含まれています。

 

一般的に総量規制の対象となる借入に関しては以下の3つの手段が挙げられています。

 

・消費者金融による借入

 

・信販会社による借入

 

・クレジット会社による借入

 

債務者を多重債務から救う法的救済手段として総量規制が存在する反面、新規で融資を受けようとする方に対しては場合によっては邪魔な規制となることがあります。というのも、返済計画や目処が立っているにもかかわらず、総量規制の対象となる借入による融資を受けるだけで融資額に自ずと制限が生じてしまうからです。

 

しかし、総量規制の対象となる借入はあくまで限定的なものであり、例外的に規制の対象とならない借入も存在しています。つまり、年収の3分の1を超える借入を行う事が可能になるのです。代表的な例としては車のローンや住宅ローンが存在しており、三井住友銀行カードローンも総量規制の対象外となっています。

 

三井住友銀行カードローンでは、利用限度額として800万円が定められており、ここまでの範囲内なら自由な金額を借りることができます。もちろん、年収や勤続年数に基づいた審査は必要になりますので、まずは審査に申し込みをして、自分の利用額を知るところから始めてみることをおすすめします。

 

他にも、総量規制対象外でキャッシングができる銀行カードローンとして以下のものが挙げられます。

 

・新生銀行カードローン(レイク)

 

無利息キャッシングも設けられているため、初めて融資を検討される方でも安心のカードローンです。

 

・アイフルによる借り換え

 

総量規制対象外で新規の借り入れを行うためには、現在の債務を一本化することもおすすめできます。アイフルでは当月の各社への返済をアイフルが行う代わりに、融資を受けた側は会うフルだけに返済すれば良くなるので毎月の返済金額の負担は大きく軽減されます。